腰椎椎間板ヘルニアの傷みに負けないで|リハビリや治療で改善出来る

聴診器

癌を体の負担なしに治療

woman

人間の自然の力を利用

NK療法は癌の新しい治療法です。がん治療といえば、外科手術や放射線治療、そして抗がん剤治療がありますが、どれも患者の体に負担をかける治療法です。そのためある程度の副作用などに悩みながら、がん細胞を闘病することが一般的ですが、NK療法は副作用のない画期的な治療法として注目を集めています。免疫細胞療法とも呼ばれており、自分の体の免疫力を高めてがん細胞を死滅させる治療法なのです。薬のような正常な細胞にダメージを与えることはありませんので、副作用が発生しないのです。直接的に体内の癌細胞を攻撃する仕組みですので、効果も高くなっています。どんな癌に対しても効果を見出すことができ、全身に対応できるため転移癌にも対応できるのが特徴です。

副作用が発生しない

NK療法は患者の血液を体外に採取し、リンパ球を分離させ、がん細胞を死傷させる能力が高いナチュラルキラー細胞を活性化させます。そしてそのNK細胞を選択的に増殖させて、点滴で体内に戻す仕組みです。この活性力が高ければ高いほど、がん細胞への攻撃力が高くなります。実験ではNK細胞に影響を受けない癌細胞はないのです。これだけ効果が高い治療法でも、まだ全滅させる段階までには至っていないのが現状です。そのため研究を続けており、今後は早期に一般的な治療に取り入れられるようになると期待されています。NK療法に副作用はありませんが、免疫副反応と呼ばれる症状が発生することがあります。これは免疫細胞が活性化される過程で生じる放出される物質による反応です。発熱などが主な症状ですが、通常のがん治療の副作用と比較すると小さいものになっています。

Copyright © 2016 腰椎椎間板ヘルニアの傷みに負けないで|リハビリや治療で改善出来る All Rights Reserved.