腰椎椎間板ヘルニアの傷みに負けないで|リハビリや治療で改善出来る

聴診器

50代以上に多いがん

自然

症状に気づきにくい

咽頭がんは人間ののどにあたる咽頭と喉頭の部分のうち鼻の奥から食道までの咽頭にできるがんです。鼻に近い部分から上咽頭、中咽頭、下咽頭と分かれています。治療方法は他の癌と同じように早期発見により外科手術や放射線治療により完治gは見込めます。しかし咽頭がんは症状が出にくいため早期発見は出にくくなっています。そのため気づいた時にはかなり進行していることも多く、転移する癌であれば、体の他の臓器に転移していることもあります。進行がんの場合には手術することもしにくいため抗がん剤の治療を行うことになる可能性もあります。手術できた場合でもリスクもあります。手術する場合には、声帯を含め咽頭まで全部切除する場合も少なくありません。

喫煙と飲酒が関係している

手術することによって生活の質を落とすこともあるため、手術を行う際には十分にその後の状況を考えることが必要です。咽頭がんの症状は飲み込む際の異物感や耳の放散痛、声がかれる、頸部へのしこりなどがあります。症状が出血などを伴うことがないため咽頭がんであることに気づかずに進行を進めてしまうことも少なくありません。咽頭がんになる要因は様々ですが喫煙と飲酒が大きく因果関係を持っていることは否定できません。ヘビースモーカーや大酒飲みなどは咽頭がんにかかりやすく、年齢は50代から60代に多くなっています。咽頭がんの半数以上はこの年代に発症していることも特徴の一つです。定期的な健康診断やがん検診を受診し、咽頭がんの早期発見が何より重要なのです。

Copyright © 2016 腰椎椎間板ヘルニアの傷みに負けないで|リハビリや治療で改善出来る All Rights Reserved.